医薬品業界で働くMRになるメリットとは

医薬品業界は人の命に直接関わっているという、特殊性を持っています。他の業界の仕事も間接的に人の命を支えていることはありますが、病気やケガなど命に直結することに関係しているのは医薬品業界だけです。MRはその中で、製薬会社に勤務して自社の医薬品の流通の担い手として働きます。新しい医薬品が誕生することで、それまで難病や不治の病と言われてきたような病気の治療が可能になることもあります。生命や健康に関わる仕事は色々ありますが、医薬品情報を伝えることで人々の健康を支えていきたいという志を持っている人に適しています。日々新しい勉強をして情報を仕入れ、医療社に受け入れられるのは大変な努力が必要ですが、社会貢献度の高い仕事なので自信を持って働くことができます。

文系でも目指せる医薬品系の仕事

医薬品の情報を伝えるとなると、理系の学部出身であることが条件になりそうですが、MRは文系出身者でも就職することは可能です。むしろ、活躍している人たちの多くは文系出身者です。そこから入社して研修などで猛烈に勉強して、実践を積むことで医薬品情報のスペシャリストとして育っていきます。自社の商品情報だけではなく、成分や使用方法、日々開発されている新薬や新しい治療法、それを扱うための法律や制度など幅広く学ぶ必要があります。薬剤師と違うのは、医薬品の情報を単体で伝えるだけではなく、その周囲に関わっている情報も正しく提供することで医療現場で薬が活用されるようになるまでが仕事です。たくさんの医薬品の中から選んでもらうには、わかりやすく情報を伝達するスキルも必要です。

給与水準が高くインセンティブも狙える

MRに転職を希望する薬剤師の理由として、給与水準が薬剤師よりも高いことが挙げられることがあります。実際に転職して年収がアップした薬剤師は少なくありません。前職の給与水準が製薬会社の給与水準よりも低かった場合は、特に年収がアップしたことを実感できます。逆に前職が高給与だと下がってしまう可能性もありますが、個人の給与は原則として企業内における貢献度によって算出されるので、結果を出すことができれば給与が上がる可能性があります。話がうまくて医療者に医薬品を使ってみる価値があると思わせることができれば、インセンティブは上がります。転職して1〜2年は自分の実力にあった給与に落ち着くはずですが、その後に実力が出せるようになれば徐々に年収がアップする可能性もあります。