薬剤師からの転職者が増えているMRとは

薬剤師の主な仕事は、調剤や服薬指導ですが、この仕事から製薬会社のMRへの転職を希望する人が増えています。正確には医薬情報担当者という営業職で、就職した製薬会社の医薬品を安全に有効に活用してもらうために、医師や看護師、薬剤師などに必要な情報を届ける仕事です。自社の製品を適正使用してもらうための情報提供以外には、製品を服用した効果や副作用について医療機関などから情報を集めたり、自社の医薬品の普及のために宣伝や販売などの営業活動も行います。情報を伝え、企業にフィードバックさせるのも重要な役割です。薬剤師以外でも文系学部出身者が多く活躍していますが、薬剤師の知識と経験があればなお仕事に役立ちます。薬剤師とは全く仕事内容が異なりますが、医薬品を企業の製品として扱いたい人には向いています。

平均年収は薬剤師よりも高めに設定されている

MRは給与レベルが高いのが特徴です。薬剤師だと調剤薬局やドラッグストア勤務で平均年収が500万円を下回ることもありますが、それを上回る平均年収680万円となっています。誰もが聞いたことのある大手製薬会社や外資系企業に勤めれば、年収750万円〜1000万円を稼ぐ人もいます。営業職という一面があるので、営業成績による歩合給が採用されているところも多く、営業能力が高ければインセンティブを与えられることもあります。基本給がさほど高くない企業でも、インセンティブがあれば年収アップが期待できます。ただし、最近では営業関連の仕事はMS(医薬品卸売担当者)が担当していることが多いので、営業の仕事よりも医師や看護師、薬剤師、たちに情報を提供して信頼を得るのがメインの仕事になっていることもあります。

土日休みや福利厚生が充実しているのがメリット

調剤薬局やドラッグストアなどの店舗勤務だと、土日休みの週休二日制や祝日休みは難しいことが多いです。しかし、MRは企業に勤務しているので、平日のみ勤務するスタイルが一般的です。夏季休暇、年末年始休暇、長期休暇なども取りやすく、家事や子育てとも両立しやすいというメリットから、転職を希望する女性薬剤師も増えています。また、家族との時間を大切にしたいと考えている男性薬剤師にも向いています。製薬会社や医療機器会社勤務なので、福利厚生が充実しているという点も魅力です。育児休暇や介護休暇を気兼ねなくとることができたり、保養施設や運動施設があったり、資格取得支援制度が使えたり、社内食堂やカフェがある、といったメリットがあります。退職金制度もしっかり設けられています。