高給与が期待できるMRの仕事内容

薬に関わる仕事の中でも、MRは給料が高いと言われています。製薬会社における営業と広報の仕事の担当者で、医療情報の提供者として商品の品質、効能、安全性などを医師や薬剤師に提供するのが役目です。その商品を使った患者さんのデータをもらって、自社の商品開発にフィードバックする仕事も行います。医薬品そのものではなく、医薬品の情報のスペシャリストである点が薬剤師とは異なります。一般的には民間の製薬会社に就職する形になるので、福利厚生が充実していたり、営業成績に応じたコミッションも期待できるのがメリットです。基本的には営業職の仕事の人たちのように外回りが中心なので、営業手当や外勤手当が出ることもあります。実力に見合った評価を受けたい人に適した仕事です。

患者さんや医療機関を陰から支える

医師は患者さんの病気やケガを見て診療し、看護師はその補助や入院患者さんの看護をします。薬剤師は医師の処方箋に基づいて、調剤や服薬指導などを行います。これに対して、MRは直接患者さんに関わることはありません。医療現場の人たちに自社の医薬品の情報を伝えるのが仕事なので、陰からサポートすることになります。自分が提案した薬がよく効いて病気が良くなって感謝された時などはやりがいを感じられます。医師の中には専門的な薬の知識は持ってない人もいるので、そういう人に対して自社の医薬品がどんな効果効能があるのか、副作用のリスクはどんなものか、効果的な使い方は、などの詳しい情報を教えていきます。医師から頼りにされて相談されるレベルにまで到達できれば、かなりの活躍が期待できます。

年収アップを目指したい人にも向いている

MRの平均年収は731万円程度と、かなりの高水準をキープしています。全業種の平均年収が440万円なので、それと比較すると300万円近い差があります。これ以上稼ぐ人も少なくありません。大手の企業であれば750万円〜1000万円の年収を得ている人もいるくらいです。大企業に採用されるのは狭き門ですが、実力次第では一気に収入を増やせる可能性があります。完全歩合給を取っている製薬会社では、努力次第で収入がさらに上がる可能性もあります。成果主義が合う人、合わない人は分かれるので、自分がどちらのタイプかを判断して成果主義が合うという場合であれば完全歩合給の企業を選ぶと仕事のやる気が出ます。薬剤師から転職する場合は、周りと競争してどんどん仕事をしていきたい人に適しています。