MRは医薬品の情報を伝達することで医療の発展に貢献する仕事

MRとは医薬情報担当者と言われる仕事で、製薬メーカーに雇用されています。自社で開発した医薬品の情報を持って医院や病院を訪問し、顧客である医療従事者に情報を提供しますが、医薬品は日々研究がなされており、絶えず速いスピードで進歩しています。正しい用法や作用が変わっていくものですから、他業種の営業担当者以上に商品のことを学ぶ姿勢が重要です。
医薬品の情報を提供するだけでなく、現場で使用された上での効能や安全性の情報をヒアリングし、それを開発担当者や他の医療従事者に伝えることも求められます。ひいては医薬品の品質向上に繋がり、医療の発展という形で社会に貢献します。営業職ですので、医薬品の知識はもちろん、コミュニケーション能力や医師のニーズを満たす行動がポイントになります。

医療担当者に直接売り込むわけではない

MRは医療従事者と毎日のように接しますが、自社の医薬品を直接販売するわけではありません。医薬品の購入は卸会社を通して行われます。1991年の改正独占禁止法により、納入価格についても医療機関と卸会社が交渉して決めるルールが定められており、医薬品メーカー側は価格の決定権を持っていません。一般的な営業職では価格交渉が付きものですが、特殊な部分と言えるでしょう。
開業医を顧客としている場合、卸会社の営業担当者であるMSとの連携が必要になります。卸会社もまた、医療従事者と毎日面会する立場ですので、医薬品の使用状況や効能についての情報を得ることができますし、価格についても知ることができます。医療機関で働く全ての人との繋がりを活用し、自社の医薬品を普及させているのです。

高収入な反面、とにかく多忙な職種です

医療機関に自社の製品を使って貰うためには、薬の効能を伝えるだけではなく、医療従事者に人として気に入られる必要があります。そのため訪問する時間帯が不安定になりがちですし、ゴルフや食事など、接待の回数が他業種と比較して多くなります。医療従事者間で自社の医薬品の評価を高めるための勉強会が行われることもあり、休日出勤も多くなるでしょう。
これらの営業職としての努力をしながら、医薬品についての知識を付けるための学習が必要になります。取り扱う品目が多いほど学習にかける時間は多くなり、通勤時の電車の中なども活用している場合が多いです。
外資系製薬メーカーの求人では高収入を謳うことが多いですが、売上ノルマが厳しく、業務量も多いことから、ビジネスマンとしての能力が問われます。