MRが担う役割とその試験について

MRとはmedicalrepresentativeの略であり、日本語では医薬情報担当者と訳されます。医薬品が適切に使用されているかをチェックする役割を担っており、医療事業者に対して訪問などを行います。多くの医薬品には使用者に大きな影響を与える効果があるため、その安全性や品質、有効性などについてしっかりと管理がなされる必要があります。そこで専門の担当者を置くことで医薬品における安心と信用を確保しています。昨今では高齢化の進行と、医薬品の多様化が進んでいるため、その役割の重要性は増していると言えます。特に製薬会社においては自社の医薬品の安全性を確立するために不可欠な存在となっており、副作用に関する情報なども収集して製薬会社にフィードバックします。

販売促進活動を行わない特別な営業職

MRは製薬業界に関して医療従事者相手の営業職に分類されます。一般的な意味合いでの営業とは販売促進活動のことですが、医薬情報担当者はその役割を担っていません。あくまで医薬情報の提供や副作用情報の収集が主な業務内容です。患者さんにとっては薬物治療のパートナーとして貢献します。医薬品には適正使用、副作用、流通経路など膨大な量の情報が関係しており、それらを取り扱うにはたくさんの人員が必要となります。そのため、絶えず安定した需要を持つ職業とも言えます。医薬品を扱う業務を担っていることから理科系の仕事と考えられがちですが、実際には約5割の方が文化系出身であるというデータもあります。理科系の出身者が約3割なのでそれほど大きな差はなく、文理を問わず行える仕事と言えます。

業界が実施する認定試験について

MRは国家資格ではなく、各製薬会社がそれぞれ置いている役職なのでその医療知識に関しては個人差があります。そこで医薬品業界では認定試験を実施することで、その医療知識などを測るようにしています。これにより、それぞれが持つ力量が明確となり、採用にも少なからず影響を与えています。1度認定されたとしても資格の有効期限は5年なので、定期的に試験を受けてその知識を維持しているかチェックされることになります。今後は医薬品業界全体のグローバル化の影響を強く受けることが予想されます。そのため、日本での試験だけでなく、海外での試験にも合格しその実力を証明することも重要になる可能性があります。高齢化や医薬品技術の進歩により、その役割は非常に重要なものとなっていきます。

MRの「転職ネゴシエーション」を利用することで、非公開求人を自在に自在に受け取ることができるようになります。 IT革命により、システム化やデータベース化されています。 実は最近、MRという仕事が注目を集めています。 勤務地や給与、業務領域など交渉付きMR専門の転職サポートサイトです! 大学生の就職活動においては、人気職業のひとつ。 MRの転職ならMRBiZ